お酒をやめる断酒ブログ

お酒をやめたくてもやめられない人、一緒に断酒してお酒に縛られない人生を送りましょう

酔っ払いあるある「起きたらココどこ!?」

断酒:262日目 断酒貯金:700,321円

遂にお酒を飲まずにビール代だけで浮いたお金が70万円を超えました。

これ見ると断酒やめられませんね♪♪

 

最近私のブログ、どよ~んとしてたので久しぶりに酔っ払いあるあるネタでいきましょう。

酔っぱらうとどこでも寝てしまうという遠い過去。

昔はそれが武勇伝であり「ウケるでしょ(笑)」なんてネタにしてましたけど

断酒して8ヶ月も過ぎると、馬鹿過ぎて恥ずかしい過去です。

さすがに40歳過ぎてからはありませんが、若い頃はどこでも寝ていました。

電車で寝過ごすなんて当たり前。これは40歳過ぎてもやってました。。。

お金も時間も全て無駄。

唯一、笑いを取れることはありましたが

飽きれて聞いていた人もいただろうということには気づいていませんでしたね。。。

かわいそうに馬鹿丸出しです。

では行きましょう。

起きたらココどこ!?

 

起きたら自宅玄関前

朝、起きたら真っ青な青空。。。

え!?ココどこ??

母の「外は勘弁だわ」という声が聞こえて、家か。。。

と、起きると自宅玄関前の道路で爆睡していた私。

全く記憶が無いのですが、そういえば昨日飲み会で

お酒を飲んでいない誰かが家まで送ってあげるといっていたような気がする。

いや、送ってもらった!

他に一緒に飲んでいた子も車に乗っていたけど、そこから記憶なし。

家に着いて玄関を見て力尽きて、、、家には入らずそのまま外で寝たんですね。

もうあと少し頑張って、せめて家に入って寝たら良かったのに。

当時、20代前半の私は携帯も持っておらずこの日どんな状況かも知ることなく、その後このメンバーとしばらく会わないまま過ごし、その後のことも全部記憶にありません。。。

その節は、送って頂きありがとうございました。

 

起きたら白銀の世界

北海道ではあるあるなのかもしれませんが、起きたら白銀の世界。

え!?ココどこ?しかも寒いし。

飲みに行って、飲み屋街で転んで力尽きそのまま寝る。。。

起きたら道の端にこんもり盛られた雪の上で寝ていたこともあります。

北海道の飲み屋街ではよくある光景。

いや、ないかもしれません(笑)が、自分を含めて少なくとも3回は見たことがあります。

他人が雪の上で寝ているのを見て、ホントにゴミのようだなと思いました。

私もゴミのように見えていたんですね。。。人間のクズです。

20代だったから気にしてませんでしたが大変恥ずかしいです。

 

雪の上ってフカフカでとても気持ちいいベットに変身します。

が、凍死もあり得るほど冷え込むこともありますので笑い事では済まされませんが

笑い事にしてたんですね、私。

起きたら凍死するほどではありませんでしたが、AM2時頃で-10℃位にはなっていたと思います。

かなり冷え込むときは-20℃を下回ることもあるので、そのような極寒の日に目覚めることができなければ凍死だったでしょう。

酔っぱらって凍死する人、結構ニュースになってますので気になる方ググってみて下さいね。

生きててラッキーです。

 

普通に自宅の寝室

ココどこ!?と夜中に心臓飛び出るくらいびっくりして飛び起きたら

普通に自宅の寝室もあるあるです。

帰ってきた記憶が無いので、暗い部屋で寝ているとびっくりするのですが

自分の家だった~(;^_^A なんてことは、1番多いかなと思います。

 

その他もろもろ

起きたら電車の中、タクシーの中、飲み屋のソファー、もうこれは定番です。

車掌さんや、お店の人に起こされ飛び起きるのはよくありました。

 

私の夫は、ホームレスの方から借りたダンボールの上で寝ていたことがあったり

起きたら空港だったり、夜中にココがどこかわからないと電話がかかってきたこともあります。

iPhoneが普及してからは位置情報サービスで確認できるので探しに行けるのですが、

アナログ時代は夫を探すのが本当に大変でした。

夫婦揃ってクズですね。

 

タイでもこんな人がいる

ゴールデンウィークに行ったタイ旅行でもこんな人がいました。

酔っぱらっているのかどうかわかりませんが、、、

f:id:mellowed:20190515220314j:image

たぶん酔ってますよね(笑)

22時にセブンイレブンの前で寝ていたこの方は、0時過ぎにもここで寝ていました。

写真、無断で取らせていただきました(笑)気付いておられませんでした(笑)

ワンコも一緒にコンビニの前でドーンと寝ているので、踏まないように気を付けてコンビニに入りますが、毎回タイ旅行に行く度に必ず見る光景です。

 

人生が狂うかもしれない

生きる生きないの問題もありますが、一応私は女です。でした?かな?(現・おばさん)

20代の女が路上で寝たり、お店で寝たり、、、いつ何されてもおかしくありませんでした。

なんとか何も起こらずに被害もなく、無事にここまで生きられているから良いものの

何されてもおかしくありませんでした。

今思うと本当に怖いことです。

自分が子を持つ親だとしたら、、、自分の娘のことビンタじゃ済まないですよね。

そりゃ、外出禁止にしたりすると思います。

今の時代、働く女性も多くなり、若い子も抵抗なく夜飲み歩く時代ですから本当に気を付けて欲しいです。

酔っぱらって性被害に合われる方も時々ニュースで見ますが、お酒のある所に近寄らなければ巻き込まれませんから、リスクはさがりますよね。近寄ったとしても飲まなければ回避できることも多いです。そういう意味でもお酒は飲まない方が良いと思います。

 

それに夫ですが、、、夫も今まで無事でよかったです。

男だから大丈夫なんてことはありませんよね。

男性も、悪質な女性から「お酒を飲んで触られた!」とか「イヤらしいことされた!」なんて冤罪食らうかもしれませんよね。

本当にセクハラとかをする酔っ払いも実際多いとは思いますが、酔っ払いを逆手にとって冤罪なんてことにもなりかねません。

電車で酔って寝ていただけなのに、女性が隣に座り、触っているように見せかけるような写真を撮られても、泥酔していて体を動かされてもわからないですし、もたれかかって寝ていてるのを、キスを迫っている様に工作されて写真を撮られても泥酔しているから起きませんものね。。。

酔って寝ている時に何されてもおかしくありません。

お金を取られるくらいで済むならまだいい方で、人生狂わされるかもしれないんです。

よくある記者会見の「記憶にありません」と言っても信じてもらえません。

酔っ払いの言うことなんて誰も信じませんし、「酔ったから覚えてないで済まされると思わないでよ!」って批判されるだけですから。

男だから女だからなんて関係ありません。

飲んでいれば、いつだって加害者にも被害者にもなりえます。

飲んでいなくても何らかの事件に巻き込まれることはあるかもしれませんが、飲まない方がリスクが低くなります。

お酒のそばには、いつもリスクが付きまとうものです。

 

酔っ払いあるある「起きたらココどこ!?」皆さんにも必ずあるはずです。

断酒が1番の解決方法です。