ノンアルビューティフルワールド

断酒をして依存から立ち直りビューティフルライフを目指すブログ

断酒のきっかけ③ 山口達也の飲酒事件で人生崩壊を踏み止まった。

あれは2018年4月末頃のこと。

TOKIOのメンバー山口達也さんが、飲酒による強制わいせつ事件逮捕されたときでした。

テレビのワイドショーは、山口達也さんの事件一色でした。

事件当時は、被害者とのやり取りやTOKIOのこれからのことが報道されていましたが

日が経つにつれ、「山口さんの普段の飲酒」のこともピックアップされるようになりました。

 

私は彼のファンでも何でもないし、芸能人にも興味がありませんが

テレビ番組で彼が出演している「鉄腕ダッシュをたまに見ることがありました。

鉄腕ダッシュで奮闘する山口さんを見て

とても真面目な人だし、頼りがいのある人。という印象でした。

 

強制わいせつ事件以降、出てくる彼の話は

『実は酒癖が悪かった。記憶が無くなるまで飲む。飲んで絡む。朝、お酒の匂いがしている。女癖が悪い』などなど。

完全に酒に溺れて飲まれているエピソードばかり連日報道されていました。

 

それを見た私は

「あんなに真面目に見えるのに、仕事をきちんとしているのに、誠実そうなのに」

と感じました。

 

なんとなく私みたいだな。。。

私にも心当たりがありました。

お酒を飲んで絡んだり、誰かに迷惑をものすごくかけるようなことはしていません。

喧嘩をしたこともありません。たぶん…

 

だけど私は、お酒を飲み始めると止まらない。明日仕事だけどまだ飲んで大丈夫。と、夜中まで飲むことがよくありました。

一緒に飲んでいる人がいたら、大丈夫大丈夫!まだ飲もうよ〜♪という調子で。

 

私は仕事中、必ずマスクをします。

看護師なのでマスクを付けるのは感染予防の為にもごく普通のことですが、私の場合

「お酒の匂いがしないように」と心配でマスクは欠かせませんでした。前日のお酒臭さが周囲にわかってしまうのを恐れていました。

 

私は人の何倍も一生懸命に仕事をしていました。

お酒を飲んで仕事に支障が出るのは絶対に嫌だったので、

どんなに普段ふざけていても、お酒を飲み過ぎても、真面目にきちんと仕事をすれば

お酒を飲んでいることを、誰にも文句を言われません。

いえ、言わせないためにも一生懸命仕事をしていたのかもしれません。

 

お酒を飲むためにお金を稼ぎ、お酒のせいで仕事が失敗したと言われないよう全力で仕事をする。仕事の付き合いが円滑に行くようにお酒を飲み、あんなにお酒を飲んでもお酒が強く酒豪であり、それなのにきちんと仕事もするので仕一目置かれる。。。と、

全てがお酒中心で、「お酒を飲む」ための言い訳。

仕事をちゃんとしてるから、お酒をたくさん飲んでいい!と自分を美化していました。

世の中のサラリーマンの男性は、私と同じ考えの方が多いと思います。

でも結局は、お酒に振り回されていただけでした。

 

山口達也さんの事が私に似ているように思い、他人事に思えませんでした。

私は彼に似ている。

仕事さえ真面目にしていれば、ミスしなければ、お酒をどんなに飲んでもいい。彼もそう思っていたのかな。

 

それにもし、夫が彼の様になってしまったら??

お酒に酔い、自分の理性をコントロールできなくなり

そんなつもりはなくても女性に手を出して未成年だったら、酔ってる時にハニートラップみたいなことをされたら?

今まで勉強してやっと掴んだ夢が、お酒のせいで人生水の泡になるかもしれません。

 

怖い。怖すぎます。。。たかがお酒で、何もかも一瞬で失うのです。

彼は芸能人のトップアイドル。それなのに、お酒で人生全て台無しになりました。

アイドルから転落し全てを失ったのです。

地位も仕事も家族もお金も信頼も、全部失くしたのです。

f:id:mellowed:20190221112132j:plain

お酒を飲んでいる限り、どんな人にも起こりえるのです。

人生を楽しくするはず、嫌なことを全てを忘れられると思っていたお酒が

人生を狂わせるものだったなんて、今まで考えたことも無かったことです。

 

お酒に対して困った事と言えば、お金が減ること。そんな程度にしか思っていなかった。

自分の人生の全てを失ってしまうことになるかもしれない。

などとは、今まで考えたこともありませんでした。

 

そして私は、連日の山口さんの報道に釘付けになり、

彼が「アルコール依存症で治療することになった」と報道されているのを見て驚いたのです。

 

え?アルコール依存症??

彼が?ダッシュ村であんなに献身的にしていた彼が??

手も震えているわけではないし、顔が真っ赤っかでもない。

昼間に千鳥足でもなければ、呂律が回っていない訳ではない。

失禁したり、仕事をしないで朝から晩まで飲んでいるわけではない。

それなのに、アルコール依存症なの??

 

私が思っていたアルコール依存症とは、

手が震えて顔が赤くて、家から出られなくて、歩けなくて失禁して

仕事ができないような人だと、そう思っていました。

 

彼の様に、きちんと真面目でテレビに出ている人がアルコール依存症の治療をしなければいけないなんて衝撃的でした。

 

じゃあ私もアルコール依存症なのでは??

この頃私のアルコール依存症に対しての認識は、世間一般と同じで

アルコール依存性=何かやらかした人or生活もできなくなってしまった人

という認識でした。

 

でも、山口さんのお陰でどうやら思っているのと違うようだ。と、うっすら思い始めたのです。

そこからネットで調べに調べまくり、お酒の本当の正体を暴いていく毎日を過ごすことになっていきます。

 

こうして山口達也さんの飲酒事件をきっかけに、私の断酒の決意がグッと近づいたのです。。。