お酒をやめる断酒ブログ

お酒をやめたくてもやめられない人、一緒に断酒してお酒に縛られない人生を送りましょう

北海道地震で見た『お酒を飲む人の危機管理不足』

私がお酒をやめてすぐに北海道胆振東部地震が発生し、前代未聞の『北海道大停電』が起こりました。

その時、人々は相変わらず飲んでいました。

お酒を飲む人達の危機管理の足りなさ。。。昨日の続き記事です。

www.non-al.work

 

飲食店を営業する人たち

 

地震発生から17時間経過したころ、少しずつではありましたが電気が復旧し始めました。

私が住んでいる街にも小さな飲み屋街があります。

飲み屋街はたくさんの電気が消費することや電気復旧の優先順位が低いので、電気の復旧が1番遅くなるエリアでした。

街の小さな居酒屋さんや焼き鳥屋さん等々、食材をたくさん抱えるお店はたくさんあります。

電気が通らないと営業ができません。でも在庫の食材は腐ってしまう。。。

そこで街の飲み屋さん達は懐中電灯を照らしながら、炭を使いカセットコンロを使い小さく営業を始めました。

食材を捨てるのはもったいないから、『炊き出し』をして提供します!と言っていました。

でもよく見ると、ちゃんと値段が貼ってあります。

普通の料金ですし、それを募金するのかな??と思ったけど、単純にお店の売り上げになるだけのようで違和感を感じました

それは炊き出しではないと思うんですよね。

 

そして、皆生ビール片手に営業していました。

楽しそうにお祭り騒ぎです。停電を楽しんでいる様でした。

もちろん、暗く沈んでいる街が楽しくなるし、明るくなるのは良い事です。

だけど私はとても違和感を感じました

 

まさか飲酒運転するつもり?

 

地震が来て停電ではしゃいでお酒を飲む、私より年上の大人達。

もし地震が来て避難しなければならなくなったらどうするのでしょう。

みんなでお酒を飲んでいますが、車で急いで非難することになったら

飲酒運転になりますけど?

非常事態になったらきちんと判断して素早く行動できるのでしょうか?

家族の様子を自宅に見に行かなければならなくなったらどうするのでしょう?

『今は緊急事態だから飲酒運転は仕方がない』

絶対にこう言うんだろうな。

そして余計な2次災害が起きるでしょう。

でもきっと、『あの時は仕方がなかった』言い訳するのです。

飲まなきゃいいだけです。

万全の準備の1つとしてお酒を飲んでいなければ、飲酒運転することがないのだから。。。

 

もちろんお酒を飲んでいる人たちは、『もう何も起きない』前提で飲んでいる事でしょう。。。

何も起きて欲しくないし、起きないかもしれないけれど、、、

今飲まなきゃいけないのでしょうか??

私の家族も街の人も、まるで他人事のように見えました。

 

東日本大震災の時は他人事だった

 

東日本大震災から8年が経ちました。

北海道の地震とは比べ物にならないような地震でした。

正直言って、私にとって3.11は他人事だったのだと思います。

 

もちろん、復興を願う気持ちはありましたし、小さいものですがチャリティーイベントに参加することで何かの役に立てたらと復興につながればと僅かながらさせてもらいました。

けれど、どこか他人事だったのです。

北海道の地震では、たかが停電だったけどそれでも大変だった。(家が倒壊した方もいらっしゃいます)

身を持ってようやくわかったのです。たくさんの人が思ったことだと思います。

 

今、大きな地震と停電が起こっている最中にも

こうして飲んでいる人達を見て、悲しい気持ちになりました。

時間をどう過ごして良いかわからずただお酒を飲む人たち。

お酒で寂しさや不安、つまらなさをお酒で解消する大人たち。

万が一が起こるかもしれないこの状況で、現実と向き合わずに逃げている人たち。

 

私もつい10日程前まではこうだったんだ。。。

私って無責任で馬鹿な大人だったんだな。

自分さえ良ければそれでいいと思って生きてきたんだな。

 

断酒が強い決心に変わった日

 

お酒をやめて本当に良かった。

いつも家族を守ることができる。私の大切な夫とワンコを守ることができるんだ。

もし何かがあった時、お酒を飲んでいたらどれだけ後悔することでしょう

悔やんでも悔やみきれません。

やっぱり、本当にやめて良かった。これからも一生飲まなくて良い。

ピンチがチャンスに変わり、災害が教えてくれたこと。

もうお酒は飲まないと、この地震が更に誓いを強固なものにしてくれたのでした。

f:id:mellowed:20190102152314j:plain

 

地震発生の後、すぐに書いた記事です。

【北海道胆振東部地震】地震体験談『発生から停電復旧まで』第1章 - ヲタんこナース英会話上達への道

【北海道胆振東部地震】地震体験談『停電復旧後』第2章 - ヲタんこナース英会話上達への道