ノンアルビューティフルワールド

断酒をして依存から立ち直りビューティフルライフを目指すブログ

やめさせたい妻とやめる気がない夫

小学生の頃からの友人が、夫の転勤でしばらく故郷を離れていたのですが

約17年ぶりに生まれ育った町に帰ってきました。

 

友人の夫は、お酒が大好き。

特にビール好きで、友人が結婚して引っ越しするまではしょっちゅう宅飲みパーティーをしていました。

私の友人は下戸で、私と友人の夫がいつも2人で浴びるように飲んでいました。

その度に友人には怒られ、「まだ飲むの?いつまで飲むの?何缶開けるの?」と怒られ続けていましたが、酒飲みの私達にはその声は届きません。

いつも友人に呆れられていました。

 

久しぶりに故郷に帰ってきた友人の夫・たーくん(仮名)はものすごく太っていました。

友人が実家に帰ってくるときに時々会っていたのですが、徐々に太ってきているな。と思ったら、久しぶりに見るたーくんは、激太りしてややハゲ気味。まだ30代なのに。

1年前に断酒した私は「酒のせいだな。。。」と心の中で呟きました。←そのせいか知らんけど

 

ある日、友人の引っ越し祝いパーティーをやることになりました。

私以外にも、幼い頃からの友人とその夫など6人が集まりました。

みんなで集まると断酒をした私に質問が集中します。

昔からお酒が大好きで大酒飲みだった私をみんな知っていますから、やめたのを知っていてもまた同じ話になり、まだ断酒を継続出来ていることでこの話題は避けられません。

どうしてやめたか、何かやらかしたのか、やめる方法は、継続の秘訣は、、、

いつものことです。

すると友人が「たーくんにもやめて欲しい!」と言い始めました。

友人はみんなの前で夫のたーくんに集中砲火を浴びせました。

いつも記憶のないこと、帰宅時間を守れないこと、だらしなくなること、後輩の前で格好つけようとすること、ご近所の道路の前で吐き散らかしてくること、飲んだ次の日に脱糞したこと、、、などなど。

私は笑いながら聞き、ド派手にやってるねー(笑)なんて言ってますが

お酒を飲まない人はやや引き気味。強烈ネタにはドン引きです。

そんな様子になると、さすがに私も笑えません(-_-;)

 

今までお酒を飲んでいた時は、たーくんと結託して「お酒を飲むのも仕事のうち!仕方がない!こっちは身を削って一生懸命働いてるんだから〜」と専業主婦の友人に反論し、色々やらかしてきた事も正当化し、さらに、やらかした事を笑い話に替えてきました。

だけどもう私にとってお酒の失態は過去のこと。

たーくんに共感できますが助けてあげられません。

 

友人には随分申し訳ないことをしました。

専業主婦である友人に対して「専業主婦なんだから楽してるでしょ」と、遠回しに反論できないように言いくるめて来たのです。

ごめんね、、、

 

断酒をした私は、二人の気持ちが良くわかります。

2人のことを否定も肯定もできません。

友人には「ヲタんこ、なんか言ってよ!お酒やめさせて!」と言われます。

友人の気持ち、わかります。

夫が何かやらかすんじゃないかと心配な気持ちと、本当に腹が立つ気持ちがあって、みんなに彼を止めてもらいたいし、人前で恥をかかせる事でお酒をやめさせる事ができる絶好のチャンスだと思っているんです。

 

でも、、、

たーくんが肩身が狭そうにしているのを見ていると可哀想なんです。

f:id:mellowed:20191015130743j:plain

他の友人が来ている中、笑い話にもできないような話をみんなの前でされて、

罪悪感を感じ、早くこの話が終わって欲しいと、反論もせず笑いもせず

ただ時が経つのを待つだけのたーくん。

悪いとは思っていても、やめる気がないのは顔を見ればわかります。

それでは周りがいくら忠告してもお酒はやめられないんです。

 

飲酒時代の私ならこの仕打ち、恥をかかされて腹立たしい反動でもっと飲んでしまうし、罪悪感を抱えながら隠れてお酒を飲むようになると思います。

 

友人は「何とかお酒をやめさせたい。ヲタんこもやめたから夫も同じようにやめられるのに」と思っています。

いいえ実際は、本当にやめさせたいのではなく、飲んでも良いけど節度を守って欲しいだけなのです。

本当はひと口も飲んじゃダメなんて仕事に疲れた夫に言うつもりは無いんです。

でも残念ながら、たーくんには節度は守れません。

なぜなら依存症だから。お酒で洗脳されているからです。

節度が守れるなら飲んでも良いというのが甘えになり、やめられない原因でもあると思います。

お酒を少しだけ飲んでセーブできるなら、酔っ払って記憶がなくなるまで飲んだりしませんから。

たーくんは、お付き合いで少しだけ飲める人のタイプではありません。

私としては、私と同じく「アルコール依存症」だと思っています。

仕事もちゃんとするし、二日酔いでも仕事へ行くし、特別人に迷惑をかける飲み方をするわけではありません。

でも毎日酒を飲み、飲まなきゃ1日が終えられない。

少し飲むと、気が済むまで、記憶が無くなるまで飲まなきゃ眠る事ができないんです。

 

でも友人夫婦は「アルコール依存症」の認識が間違っているので、自分は違う、夫は違う、ヲタんこも違う。ただお酒を飲み過ぎてしまうだけ。

依存症であることに気付けていないのです。

私が説明しても受け入れてもらえません。

私は友人と夫のたーくんに「自分の事がアルコール依存症だと思う」という事は話しましたし、アルコールに洗脳されてることも話しました。

ですが依存症だなんて冗談だと思っているのです。

 

本人がお酒をやめたいと思わなければ、手を差し伸べることはできないし

助けを求めていない人を助ける事はできないのです。

私は時が来るまでは何も言えません。

なので。いつか出番が来たら、その時はお手伝いしたいと思います。

 

それまで何も事件が起きないことを願うばかりです。