ノンアルビューティフルワールド

断酒をして依存から立ち直りビューティフルライフを目指すブログ

急性胃腸炎になっても気付かない本物ヲタんこナース

断酒をしたにもかかわらず、いつになったら健康になれるのでしょうか(笑)

ジムをやめて宅トレに変更!なんて言っていましたが宅トレどころではありませんでした。

10日前の話ですが

急性胃腸炎になり宅トレも何も食べることも飲むことも出来なくなり動けずにいました。

そんな私が体験した急性胃腸炎のお話。

 

始まりは宅トレ後から

4月3日水曜日、仕事が休みなのにやる気が上がらず家でごろごろしていました。

なんだか眠くて仕方がないし、食欲もない。

女性には月に1度憂鬱になる時があり、その“月のモノ”が来るからかなと思って過ごしていました。

夕方、あ~せっかくの休みが台無しだしトレーニングしないと!と、ランニングに行きました。

ランニングをしたらスッキリしたし、やっぱりダラダラしていたせいだった。せっかくの休日を無駄にするところだった!ランニングの後に更にヨガをして大満足していました。

その後夜ご飯の支度をし、いざ食べようと思っても食べる気になれませんでした。

これはトレーニングの成果なのか!?

遂に痩せ期が到来したのか!?

私はジムに4ヶ月通いましたが、痩せるどころか体重が増加してしまったので、痩せ期が今頃やって来たのかと思ったのです。

 

食欲はなかったのですが、用意したご飯をゆっくりゆっくりようやく食べて、23時頃就寝しました。

 

夜中に突然腹痛の腹痛

下痢が始まったのですが、この時も「脂肪燃焼が始まった!」痩せ期が来たことを疑わず嬉しい気持ちでトイレに通っていました。←バカ(笑)

10分おきにトイレに5回ほど通った後から胃痛が強烈に起こり始め、眠れなくなりました。

あら、痩せ期でも何でもなくて体調不良だったのか。。。と気付いたのはこの時でした。

私は本当に看護師なのでしょうか(笑)

その後もものすごい胃痛と下痢で朝まで眠れず、トイレには30回は通ったことでしょう。

 

それでも仕事は休めない

私が今勤めている職場は、私一人で任されている部署なのでどうしてもこの日の午前中は休むことができず出勤しました。

職場に着くと仕事スイッチオンで、トイレには行きつつも何とか仕事できました。

が、患者さん1人の美容処置が終わってその日の予約が終了したところで耐えられないほどの胃痛と下痢が起き、早退して病院に直行しました。

なんだか微熱がありそうだと病院の受付で伝えると体温計を渡されて計測。熱は38.5℃ありました。

え!?そんなに?

なんとか気合でここまでやれてたのか。。。

尿検査をするとケトン体陽性反応が出ました。

 

尿検査ケトン体陽性とは?

高熱や嘔吐、下痢や絶食している時

体に蓄えられている脂質が代謝されてケトン体が尿から出ます。ダイエット中や激しい運動の後にも同じ状況になります。

 

通常、食べ物を食べてそれをエネルギーに変えるのですが

絶食の時は使えるエネルギーが無いので身体に蓄積されている予備の脂肪を使ってエネルギーに変える訳です。

いわゆる今流行りの

ケトン体ダイエット「ケトジェニックダイエット」が自然に起こった訳です。

余談ですが、私は食べ物だけをコントロールして痩せる方法に賛成しません。

だいたいこういったダイエット方法でコントロールしてもガリガリになったりするだけですし、メンタルもやられて拒食症になったりリバウンドするだけなのでやめるべきだと思います。特に女性。

食べる方法だけをコントロールして痩せられる人なんていないと思います。

いや、いるのでしょうけど精神が不健康です。

やり方に寄り切りで、全てが悪いわけじゃないとは思ってます。問題はやり方、取り入れ方ですよね。

 

話は逸れましたが、ケトン体2+の陽性は結構な脱水を起こしている状態です。

(胃腸炎での場合です。他にもケトン体が出る病気はあります)

急性胃腸炎で脱水ですからすぐに点滴しましょう~。ということで、点滴することになりました。

 

2日間の絶食

飲み物さえ飲めなかったので点滴は2日間行いました。

一口でも水を飲むと激しい胃痛が起こりその後に下痢が起きました。

お腹はもう空っぽのはずなのに、どこにそんなに蓄えてるんだというくらいまだまだ下痢が続きました。全部水ですが。。。

ここまでヒドイ胃腸炎は初めてでした。

2日間絶食が続きました。

2日目の点滴の後、時間を置いて、ようやくポカリスエットを飲んでも胃痛が起こらなくなりました。

食べれなくても食べたい。ずっと隣の夫が食べているのが羨ましくて仕方ありませんでした。

腸炎の後はマイルドなものを食べなければなりません。

でも肉が食べたい。。。気持ちだけですが(笑)

良くなってからは羨ましいですが、吐き気がある時は地獄でした。ポテトチップスとか死ぬほど油臭いんですけど!

私がいなくなってから食べるとか配慮して欲しかったですね。

 

体のだるさを取るために必要なカリウムの補充

急性胃腸炎により電解質異常が起こっている状態でした。

私は点滴をしたので大丈夫でしたが、点滴をしていない場合はポカリスエットなどで電解質を補給します。

ポカリスエットは飲む点滴の代名詞です。

胃痛が落ち着いて常温のポカリを飲みまくりました。

次に食べられるようになった私のファーストチョイスはバナナといちごでした。

f:id:mellowed:20190415112232j:plain

脱力感やだるさ、この症状を改善するにはカリウムの補給が大切です。

カリウムを取るにはバナナ!!

皆さんも疲れたりバテバテだなと思ったらカリウム補給のためにバナナを食べて下さいね!

腸炎で食欲もない、でもだるさを取りたい。

食欲がなくても食べられるのはバナナといちごでした。

翌日の仕事に備えるためカリウム補給のため、バナナといちごとポカリスエットだけを摂取しました。食べれた時は感激するほど美味しかったな〜。

これで無事元気になり、3日後には復活し元気に仕事に行きました。

 

急性胃腸炎のまとめ

レーニングの効果が出たお陰で食欲が落ち着き、便通が良くなったのかと思ったら病気でした(笑)

さすが「ヲタんこナース」です!!

こんなナース嫌ですよね。私もオメデタイ自分が嫌です(笑)

 

下痢で脱水になり胃痛と吐気で食べられず、強制的にファスティングを体験しました。

絶食が2日目になると、体がだるくてだるくて仕方なくものすごい頭痛がありました。

頭痛は胃腸炎が治まった後もしばらく続き、栄養が補給されたころでようやく治まりました。世の中では、ファスティングすると良いなんて言っていますが本当なのでしょうか。

まあ、私の場合は急性胃腸炎による強制ファスティングだったので本当のファスティングとは全く違いますけれどね。

 

ちなみにですが

2日間の絶食と前後の体調不良を含め、相当に体重が減っただろうと下痢が落ち着いてすぐに体重計に乗ったら

な、な、な、なんと!!

1gも体重が減ってませんでした!

えー!!どーゆーこと!?

頭だけじゃなく体もヲタんこナースみたいです。。。

そして急性胃腸炎から10日経った現在、ジムをやめた効果で1kg増えたみたいですw

ま、健康ならそれで良いです♡