お酒をやめる断酒ブログ

お酒をやめたくてもやめられない人、一緒に断酒してお酒に縛られない人生を送りましょう

お酒に溺れた日々を振り返り、落ち込むこともある

ブログの更新がなかなかできずにいます。書くペースが遅くなってきています。

 

それは何故かと言うと、

私の辛かった過去・情けない過去・お酒に溺れていたことを思いだし、洗い出し、立ち止まって振り返る。

この作業がとても辛いからです。

文章にしてここに書くと浄化されるのですが、詳しく思い出すと情けなくて自分が嫌になるのです。

それが重くてブログが進まないのです。

 

私は病院に通ってもいないので、お薬も飲んでいません。

断酒会などにも参加していません。

断酒会では、自分の体験談を語りあったりするようですから

私がブログを書いて体験談を発信することは

私1人、一方的な発信型断酒会みたいなものでしょうか。

 

自分の体験談を吐き出すことって大変な労力です。

辛い過去をほじくり起こすのは嫌なことです。

でも、過去の自分と向き合う事で「私はお酒に溺れていた」と再確認することができ

酒害を自分に染み渡らせることができます。ブログを書いてわかりました。

 

振り返れば振り返るほど

「お酒で失くした記憶、絆、時間、お金、、、もう2度と同じことを繰り返したくない」と強く思い、飲みたい気持ちが遠ざかっていきます。

もちろん楽しかったこともありますが、楽しかったような気がするだけ

本当に楽しみたいなら、飲んでいない方が楽しめるし記憶も残っています。

私の場合、記憶がほとんど飛ぶので

次の日「あ~楽しかった!でも何があったんだっけ?オチはどうだったんだっけ?」

と、思い出すことができません。

 

覚えていないことの何が楽しいことなのでしょうか!?

 

さて、今日はブログ小休止でした。

過去最悪の事態をブログにすると、どんよりした気持ちになり

次の最悪の事態をどうやってまとめて伝わるように書こうか。と構想を考えると

またどんよりした気持ちになります。

f:id:mellowed:20190208101209j:plain

実は昨日の記事を書いた後、久しぶりにビールがチラつきました。

 

たぶんフラッシュバックでしょうか。

飲んでいた時の事を思い出したり、飲んでいた時と同じシチュエーションになったりすると「飲酒の欲求」がやって来ます。

 

そんな時は飲んだ後の気持ち悪さ後悔無駄な時間無駄なお金、などなど

冷静酒害を思い出すと落ち着きます。

 

飲んでいた時の情景を思い出すのではなく

飲んだ後の体の重だるさや、どんよりした気持ちなどお酒を飲んだ後の嫌な気持ちなどを思い出すと、飲みたい気持ちがスッとどこかへ行きます。

 

断酒を始めて166日目。

まだまだ私の隙を狙って飲ませようとします。

私には『1杯だけ』という事ができません。絶対に飲まない!!!

それしかありません。

 

人生で最大のお酒の後悔シリーズはラストあと1つ。

人生最大の後悔がまとまるのには、1人の集中した時間と体力が必要なのでちょっと息抜きな記事になりました。

 

またお酒に逃げないように、今日も明日も飲まない。それだけです。