ノンアルビューティフルワールド

断酒をして依存から立ち直りビューティフルライフを目指すブログ

一生に一度のイベントが台無し。結婚式で浴びるほど飲む花嫁

お酒を飲んで楽しかった。あの時は楽しかった…

それは大概の間違いで、今となっては『楽しかったような気がする』だけだと思います。だって記憶がないのですから。。。

楽しかったかどうかもあまり覚えていないでしょう。

今日は私の最低な結婚式のおはなし。

 

運命の人との出会いから結婚するまで

 

あんなにクソ忙しかった看護学生時代、地獄の様な自習中に飲みに行ったバーで

知り合った男性と運命の出会いを果たし無事(笑)結婚することとなりました。

出会いから5年、お酒が好きな人と毎日お酒を飲んで生きていくこととなりました。

※現在断酒しております。

 

看護学校卒業から結婚するまでは地獄の忙しさで

結婚する直前には、体重が38Kgになっていました。忙しすぎてあらゆる記憶がありません。

結婚することになり、新居や結婚式のことなど考えることもたくさんあったのですが

仕事が忙しく何をどんな風に決めていったのか覚えていません

ごはんを食べる時間はなくても、たばことお酒は欠かさず摂取という生活。

ごはんを噛むのが面倒で仕方がありませんでした。

仕事が終わると、たばこにビール。その後ひたすら寝る。起きた時、朝なのか夜なのかいつなのか全くわからない。と、いつもドキッとしていました。

20代の輝かしい時期をそんな風に過ごしていたのですが、私は一体何してたんだろう。。。

 

結婚式の2ヶ月程前、幼い頃からの同じ幼稚園で同じ小学校に通っていたずっと仲良しの親友3人で温泉に行くことにしました。

1人は大阪から正月休みで帰省。私ともう1人は地元。3人のうち2人は看護師です。

もう1人の看護師大阪在住の友人Kは仕事・プライベート共に限界にきていました。

温泉に行って裸になり、友人Kがガリガリに痩せているのを見て「本当にヤバイよ」

と注意しました。当時、大阪に住んでいたので北海道に帰っておいで!!と何度も言いました。あんなに痩せて心配だ。。。

看護師でも何でもない既婚者の1番幸せな友人Cが「あんた、人の事言っているけどさぁ、仕事大丈夫!?これから結婚して幸せな人がそんなに痩せておかしいよ。仕事辞めたら!?」

 

え!?私そんなに痩せてる??

元々、痩せている方でしたが驚かれるほど痩せている認識はありませんでした。体重計に乗ったら38Kg。「え⁉︎なんで?いつの間に?」

確かに服がゆるゆるで、座っていても寝ていてもお尻が痛い。。。お尻の骨が椅子や布団に当たって痛かったのか!!

結婚式の衣装合わせの度に毎回ドレスを詰めていたのは、私がどんどん痩せていてドレスが落ちてきてしまうからだったのか。。。

全く気付かなかった。

そういえば、お酒とたばこ意外は口に入れていない。お腹もすかないし噛むのも面倒だった。

当時勤めていたところが本当にブラックな病院で、過酷労働を強いられていました。

よく医療ミス起こさなかったわ。。。今思うと背筋が凍ります。

 

私は友人のお陰でその病院を3か月という短い期間で退職し、転職したばかりで結婚式となりました。。。転職した先もブラックでしたが、前職があまりにひどくて気付きませんでした(笑)

 

結婚式の前日

さて、結婚式前日。ブラック病院なので休みはナシ。夜勤明けにしてくれましたwww

普通休みくれるよね。。。夜勤明けって自分の体調を戻し生活リズムを戻すためであり結婚式前日って普通休日くれますよね。。。

結婚式の前日の夜勤明けには、本州からたくさんの親戚が訪れました。

眠いのに起き続けて夫の親戚に挨拶。失神寸前でした(笑)

 

夕方、ようやく自分の家に帰り仮眠。

少し眠ると今度は自宅で大宴会が始まりました。本州から駆けつけてくれたお酒好きの看護学校時代の友人(看護学生時代の記事のカフェインのあの子です)も我が家に泊まることになり、夜中まで大宴会。

0時頃、そろそろ寝るか。という頃に、友人が「スピーチ書くか」

「は??今から??用意してから来るでしょ、普通!」とは言いつつ、私も母に読む手紙を書いていない。

アル中は時間が無いので準備ができません。私達、看護学生の時からお酒飲みながら勉強してたもんね…

親友は私の隣で飲みながらスピーチを書き、私は失神寸前で眠りに着きました。

 

結婚式当日

式当日の朝、目覚めるとまたまた始まってました大宴会。朝の5時から宴会です(ToT)

怖いでしょう?我が家。良い子はマネしないでね。

 

我が家は行事があると朝から祖母を筆頭に、母、親戚一同、朝から飲酒。昔からの通例です。

そういえば、小学校の運動会も毎年朝から飲んで運動会の最中も宴会で、私の頑張りを見てた人なんて1人もいなかったなぁ。お陰でいっつもビリだったなぁ。知らないおじさんも来てたなぁ。運動会のお弁当が超豪華おつまみセットで自慢だったなぁ。

 

その日も私の友人と花嫁の私を含め家族一同、親戚一同、浮かれて朝から飲みまくり。本当に最低な家ですね。

あの中に私の幸せを願ってくれていた人が誰かいたのでしょうか…たぶんいないでしょうね(笑)ただ大人数でワイワイ飲みたいだけでしょうね。

祖母と母、今まで苦労したこと、私との暮らしを思い出してじわーんと、、、全くきてませんでしたねw

この時祖母は御歳73歳。朝からガッツリお酒を飲む婆さん。怖いです。

さすがバブル時代に日の丸弁当を持たせた女!!怖いです。

 

花嫁がこれから自分の結婚式だというのに迎え酒をして結婚式に挑む。それを当たり前だとする我が家。

そんな人この世に存在するのでしょうか。。。

もし、いらっしゃいましたら私に通報お願いします(笑)

 

さて、飲酒しているのでドタバタな私。時間が無い!!

式場についてからメイク。メイク中に最後に読む母の手紙を書く。

そんな人この世に存在するのでしょうか。。。(今記事2回目)

便せんに適当に書き、「ま、こんなもんだな」と振り返て思い出してウルっ。。。

そんなの無し。時間も無し。

此の親にして此の子あり。まあ、そういうことですね。

 

さて、式が始まる頃には花嫁チーム花嫁も含め全員出来上がり✴※出来上がるとは酔っぱらいの事です!

新郎チームは朝から飲んでいるご様子ではないようです。当たり前ですね。

 

バージンロード

教会挙式でした。

私は父がおりませんので母とバージンロードを歩きました。

母は緊張ですっかり酒が抜けた様子。というか、この日は少しも酔えなかったみたいです。

私はそこそこ楽しい感じに仕上がっていますが、まだまだまっすぐ歩けます。

 

良かった、千鳥足じゃなくて。それこそ前代未聞ですからね。

 

無事にバージンロードを歩き終え神父さんのお話しやらなにやらありましたが

私はお酒を飲んでいるせいか、神父さんが何か言ったり手をあげたりする度に

可笑しくて可笑しくてずっと下を向いて笑っていました。

 

無事?式も終わり、次は披露宴です。

披露宴では皆がお酒を注ぎにやって来ます。

私は、注がれたお酒を全部飲んでいましたが介添人が何度も「ここに捨ててください。」と、テーブルの下に隠してあるビール捨てのところに捨てるよう、横から囁いてきます。

「もったいないから大丈夫です~」と笑顔で浴びるように飲んでいました。

 

飲み続けるとお腹が減るので、花嫁にも関わらずおつまみが欲しくなります。

そして朝も一緒に飲んでいた友人の代表スピーチが始まります。

食べるなら今!と思い、すかさず目の前の料理を食べながら飲みました。

すると友人がマイクを通して、「何食ってんだよ~!!」と酔っぱらって叫びました。

友人も酔っぱらっているます。言葉遣いが。。。

会場は大爆笑で、招待客の皆さんに花嫁もぐもぐタイムを見られてしまいました。

友人のスピーチもヒドイもので、

セーラー服の高校生に扮した友人「彼氏募集中で~す!2次会行こうね~」という内容が1つもないスピーチ。

その間、花嫁はお腹を満たす。。。

これは一体何なのでしょう。本当に結婚披露パーティーなのでしょうか。

それともただの飲み会なのでしょうか。

さらには新郎側の友人の裸芸など、、、

普段から飲酒をしている人が考えることなんてくだらないものです。

ウケると思ってやるのでしょうけど、今見たら相当引きます。

 

トドメには、新郎新婦の両親が一列に並び花嫁からお手紙を読みます。

私には父がいないので、父の代わりに育ててくれた祖母と母が並びました。

適当に書いた手紙ヘラヘラ読み終え、感謝の花束を渡しました。

もう完全に出来上がった祖母受け取った花束を肩に担いで歩き始めました。

和服をまとい、花束を肩に担ぐ73歳の女性。

そんな人この世に存在するんでしょうか。。。(今記事3回目)←この年齢で酔っぱらいの女!これはさすがにいないのでは!?

 

披露宴後の2次会

 

花嫁チームはさっさと帰り、皆すぐに寝に入ったそうです(後日談)

私達夫婦は友人が開いてくれた2次会に移動です。

 

記憶は既になく、誰と何を話したのかも覚えていないし、途中寝ていたと思います。

花嫁が自分の結婚式にきてくれた人をもてなさず、飲み疲れてソファーで寝るって

ありえないです。

 

翌日は両家揃って温泉へ。

その時は、義母と私が揉めました。しかも義母を泣かせました('_')

お酒飲んでいたので、素面だったら言えないことを言ってしまったのです。

あとで素面になり謝りましたが、これから新しい家族として始まるのに最悪ですよね。

 

「あんな人がお嫁さんなんて、ご主人可哀想ね~。たぶん離婚じゃない?」

って、披露宴に来た人も親戚も言っていたでしょうね。仕方ありません。

私のご主人、本当にごめんなさいね。

ま、ご主人も似たようなものですけど、さすがに嫁はしっかりしないと。。。

 

結婚式のビデオ

しばらくして結婚式のビデオが送られてきました。

教会ではほとんど私達が映っていませんでした。

何故なら、、、私がずっと笑っていて使いモノになら中たのでしょうね。

編集ご苦労様です。ごめんなさいね笑ってばかりで。

 

過去には戻れない

飲酒で記憶もあまりない結婚式。輝かしい20代。

一生に一度のイベントだというのに、記憶がないんです。

当時は楽しければいい。面白ければいい。それだけでした。

でも、他の結婚式に御呼ばれするたびに「結婚式ってこんなに素敵なのね」そう思いました。

私は自分の結婚式すら、飲酒のために時間が無くきちんと考えることもせず適当に開催して、さらには前日から当日、翌日までも記憶が無い。

散々な結婚式です。

 

過去にはもう戻れません。

もう1度やり直したいと思ってもやり直せません。

結婚式ならやり直せます。でも42歳の今、ドレスを着てもあの頃と同じようにはなれません。

過去にはもう戻れないのです。

でも後悔はします。あの時どうしてきちんと出来なかったのか。もっとこんな風にすれば良かった。

いつも後悔をしてしまいます。

私の人生、後悔してばかりです。

だからといって、お酒を飲んでいなければ。。。と、後悔してもクヨクヨしてもやり直したいと思っても時間はもう戻りません。

後悔する時間さえも無駄です。後悔する時間さえお酒で奪われている時間です。

 

それより前を向いて、これからの時間を変えればいいと思いませんか?

これからの時間を無駄にせず、お酒に奪われるはずの時間本当の自分の時間として使ったら、後悔しなくて済むのではないでしょうか?

初めは時間を上手に使えないかもしれなくても、徐々に見つかるはずです。

 

今までお酒に頭も心も体も拉致されていて、自分で考えることもできないほど自由がなくお酒に囚われていたのに

急に自由になっても社会に出されても

「何をしていいかわからい、何も見つけられない」と思うのは当たり前です。

ずっと牢屋に入っていたのですから。周りの状況が今どうなっているのか知らないのだから。

時間をどう使っていいのか、やりたいことも見つけられないのは当然のことです。

 

これからゆっくり社会復帰して色んなことを見て「自分らしい何か」が見つかるはずです。それはとても時間のかかることです。

何年もお酒に支配されていたのですから、焦らずゆっくりです♪

f:id:mellowed:20190120113748j:plain

本当はこんなに幸せで、祝福されて結婚式がしたかったな。と、おセンチになります。

でもそれも私ですから。これからお酒のない生活で幸せになります♪