ノンアルビューティフルワールド

断酒をして依存から立ち直りビューティフルライフを目指すブログ

理想の老後は「ずっと動ける健康なカラダ」

今週のお題「理想の老後」

 

今日はブログテーマに沿って、私の理想の老後について。

 

今まで生きてきて

家中・身の回りが臭くなるほどタバコを吸った。

スロット、競馬のギャンブルもやった。

気が付けば38Kgになってガリガリになりながら仕事も頑張った。

※今はご立派なボディーでございます(笑)

何度もリバースを繰り返しながらも朝まで飲み、数々の記憶を失くし、お金もなくし、お財布はすっからかんで、気付けば家で寝ていて起きたら仕事に行くというのを繰り返し、一体何のために働いてるのかもわからないくらい一生分お酒も飲んだ。

 

こんな不健康な生活を送りながら

ヨガをやり、ランニングをし、サーフィンをやり、ゴルフをやって

さらには、旅行が趣味、そのための英会話の勉強もしていた。

※今もやってます。

 

自分の睡眠時間を削りに削って、健康のために寿命を縮めつつやって来たけれど

お酒もたばこもギャンブルもやめることができて

悪の習慣はほとんどやめることができた。。。

老後は、この悪習慣による健康の心配は無くなった。

今はまだ甘い物をやめられていないのだけれど、それ以外のものはやめられた。

今続けているものは健康的なことだけ!

 

理想の老後は、そうだなぁ。

60歳を過ぎてもサーフィンを続けていたい!

f:id:mellowed:20190918230848j:plain

さすがに短いショートボードは無理だと思うから、ちょっと長めのファンボードで楽しめれば。

カラダを作れば、65歳くらいまではできそうかな♪

年2回は旅行に行って、サーフィンして、ゴルフして、いつまでも夫と趣味を楽しんで暮らしていたい!どこにそんな金があるのかという話だけど。。。

 

老後に向けて「ずっと動ける健康なカラダ」を目指して今から気を付けようと思う。

健康だったら何でも出来ると思う!!なんとでもなると思う!

思う存分健康に生きて好きな事をして、死ぬ間際にやり残したことがない様にしたい。

カラダに悪そうなことも一通りしたし、色んな意味で悔いがないんじゃないかな。

 

あとは、もう1度犬と暮らしたい。

できれば、映画「僕のワンダフルライフ」と同じように

最後にもう1度私の人生にあの子が寄り添ってくれたら、最高に幸せだと思う。

f:id:mellowed:20190918230513j:image

底を見た人は美しい

先日、ボヘミアンラプソディーを見ました。

英会話ブログを運営しているのですが、映画のレビューはそちらの方に書いてあります。

【映画】QUEEN最高じゃん!『ボヘミアン・ラプソディー』観ました - ヲタんこナース英会話上達への道

 

レビューには書かなかった番外編をこちらで。

QUEENのボーカル「フレディマーキュリー」は、様々な問題を抱えていました。

天才的なボーカリストで皆から支持されていたのにも関わらず、満たされない気持ちがあったのでしょうか。

映画の中では多少しか描かれていませんでしたが、お酒・ドラッグ・パーティー三昧の日々だったようです。

それでも最後は立ち直り、エイズの闘病生活と勇敢に立ちむかっていた様です。

フレディが自伝を書いた訳でも何でもないので本当のことはわかりませんが。

 

私が感じたのは、底を見た人だから、地獄を知っている人だからこそ「フレディマーキュリー」が作る音楽、QUEENが作る音楽が支持されるのではないかな。と思います。

 

f:id:mellowed:20190913101114j:plain

フレディはきっと、幼い頃から苦労してきたのだと思います。

彼の歌を聞くと、その苦労がどんなものかはわかりませんが、差別され何度も絶望したり孤独を抱えながら生きてきたのかなと思います。

だからこそ、天才的に開花したのかな。

そもそもの能力はもちろんあったのでしょうけど、地獄を知ってるからこそ美しい曲を作り上げられたのかな~と。

 

辛い経験をし、絶望し、依存に。

でもそこから抜け出し這い上がれた人は強くて美しいと思うんです。

何の障害も無く生きてこられた人、助けてくれる人がたくさんいて甘えられる環境にある人、たっぷりの愛情で生きてこられた人。

とても羨ましいし、性格も真っすぐで美しい。

私のように頑固でひねくれものの貧乏くさい依存症じゃない(笑)

 

でも、底を見た人はもっと美しい。

底を見た人にしかわからないことがあるし、他の人が体験したことのないことを体験したのです。

苦難を乗り越えた分、人の痛みがわかり強くて美しいのだと思います。

失敗をしたから大きな成功があるのだと思います。

f:id:mellowed:20190913101352j:image

底を見た人に天才要素が加わると、フレディの様にビックになれる!

私も依存症だったから、きっとチャンスは持ってるはずなのですが、、、

天才要素が見当たらない(T_T)

残念ながら、ただの貧乏な一般人止まりです(笑)

 

クイーンのギタリスト「ブライアンメイ」は

フレディは曲に関しては完璧主義者だった。と言っています。

※映画の中でではありません。

 

フレディはやっぱり依存症だったのかな。

映画の中でフレディの家の壁に飾ってあったお札、私が持ってるお札と同じだったし

共通点を感じる!

私もいつか大物になっちゃうんじゃないだろうか~( *´艸`)

なんて(笑)

私も真っすぐな美しい人になれるように、これからも断酒でいきたいと思います♪

 

www.otanco.com

 

依存から脱出するのにお勧めの本『ずっとやめられなかったこと、こうしてやめられました。』

書店に行った時、プラプラしているとこの本が目に留まりました。

『ずっとやめたかったこと、こうしてやめられました。』という本でした。

 3か月ほど前に発売されたばかりの本で、著書の汐街コナさんが自身で体験したプチ依存の経験や依存を体験した人たち、依存症専門クリニックのドクターのお話を漫画にした本で、『様々な依存症』にスポットが当てられています。

ずっとやめたかったこと、こうしてやめられました。
 

 

スマホ・ネット・ゲーム依存、アルコール依存、砂糖依存、買い物依存、ギャンブル依存、男、毒親ブラック企業、、、

やめたくてもやめられなかった人たちの体験談や、医師の分析などが漫画で描かれていてとても読みやすい本です。

 

私も今まで43年間生きてきてほとんどの依存症を経験したと思います。

この本を読んだあと、

以前、三森みささんの『だらしない夫じゃなくて依存症でした』を読んだ時と同じ感覚になりました。

他の人の体験談を読んで、私も依存症だということを思い返し、あれもこれも依存だった。そして、勇気をもらった時と同じように、この漫画を読んで改めて自分が依存症だということを認識して、依存から脱出して良かったと思い直し、これからもならないように強く決心できる本です。

 

まずはネズミの実験のお話から始まるのですが、、、

ネズミの脳報酬系」と呼ばれる神経回路の部位に電極を埋め込み、レバーを押すことでその部位に刺激を与えると快感を覚えるというお話。

快感を覚えたネズミは何度も何度も自力でレバーを押すようになり、水を飲むこともご飯を食べることも異性への興味も失い、レバーを押し続けるというお話から始まります。

 

このエピソード、よくわかります。

私が依存症の時、このネズミと同じだったからです。

お酒を飲んでいた時、

欲しいものややりたいこと、食事を摂ったり睡眠を取るよりも大事なのはお酒を飲むことでした。

仕事にはきちんと行っていましたし、そこまでひどいアルコール依存ではなかったとは思いますが、お酒が生活の中心だったことは間違いありません。

煙草を吸っていた時も、パチスロに行っていた時も、ブラックな病院に勤めていた時も、看護学生の時にカフェイン飲みながら実習に行っていた時も、他にも色々依存したけど、いつだって食べることも水を飲むことも忘れてハマり続けてきました。

依存していた私は、プロローグで紹介されたネズミと同じ。

でも当時は依存には気付いていませんでしたし、依存していると知ったとしても

認めることはできなかったのです。

依存を1つ解決しても、また別のものに依存していきます。

私は本当に困った人です。そして私の夫も同じ依存体質です。

 

ようやく自分が依存体質だと理解することができてきました。

アルコール依存を克服している最中に、依存症体質の自分に気付くことができました。

断酒を始めて数ヶ月してから、色んな体験談を見たりネットで調べて気付いたので

依存だとわかって断酒を始めた訳ではありません。

断酒を続けて自分と向き合い、自分が依存体質だと気付いたのです。

 

依存を繰り返してしまう人、「もうやめる」と誓ったのに繰り返す人、

やめたいのにやめられない人は絶対に読んで欲しい本です。

きっと役に立つと思います。依存を断ち切るヒントになると思います。

 

依存からの脱出の方法は人それぞれですが、

私の場合は、リアルな他人の体験談が効果的です。

私だけじゃないんだ!同じ思いをしている人がいるんだ!

と共感することで安心して苦難を乗り越えられる勇気をもらえました。

 

お勧めの本なのでぜひ読んでみて下さいね♪

 

ずっとやめたかったこと、こうしてやめられました。
 

 

↓↓↓ こちらの記事に書かれている漫画も超絶お勧めです!! ↓↓↓www.non-al.work

ちょうど1年前、北海道が真っ暗だった日のこと

ちょうど1年前の今日は、北海道が真っ暗だった日。

胆振東部地震が発生した日です。

地震の影響で北海道全ての地域で電力供給がされなくなりました。

f:id:mellowed:20190906213951j:plain

あの日、私は、お酒をやめてからまだ12日目でした。

 

いつもの私であれば、地震で電気が使えなくなったことを

お酒を飲みながらお祭り騒ぎで楽しんだかもしれません。

でも1年前は違いました。

あの日お酒を飲まずに見た光景のお陰で、私は強くなれたことを思い出しました。

飲酒欲求は、不安や寂しさとリンクしていると感じました。

お酒に逃げている人たちを見て、私もずっとこうして生きてきたと実感した日でした。

そして、怒りまくった日でもありました。

家族に怒り、知人に嫌悪感を抱き、見知らぬ人に怒鳴りつけました。。。

人間の汚い部分を見た一方で、

励ましてくれようと、応援してくれようとSNSで協力してもらって人の美しさを知った日でもありました。

色んな意味で考えさせられた日でした。

 

間違いなく、この日の経験は私の財産になったな~と思った日でありました。

この日飲まなかったことは、私の断酒を継続させる素晴らしい経験になったと思います。

そして、この日は愛犬に勇気をもらった日でもあります。

1年前は一緒にいたのに、今はもういない。

命の大切さを改めて思い直す今日1日となりました。 

 

大切な人と大切な時間を過ごすため、お酒は必要ありませんね。

 

www.non-al.work

  

www.non-al.work

 

断酒してから1年と10日で100万円貯まりました!!!

断酒日数:376日 断酒貯金:1,003,000円

 

なんと!!

気付いたら、断酒を始めてから飲むはずだったお酒で浮いたお金が100万円を超えていました!!!

めっちゃ嬉しい!!!

f:id:mellowed:20190906102600j:plain

でもでも、、、手元にはないんですよ(笑)

これは、飲むはずだったお金がどのくらい貯まったのかの目安なので

実際にはないんです(笑)他で使ってるので(;^ω^)

 

飲酒をしていた頃は、毎日アサヒスーパードライサッポロ黒ラベル1日4缶くらい飲んでいました。週末はもっとたくさんです。

 

お酒とおつまみに使っていたお金を1日平均2,000円

その他、外に飲みに行くのをひと月20,000円と計算して

月々80,000円の浪費として計算しました。

100万円浮かすのに1年と10日で達成しました!

 

私はこんなにも浪費していたのですね!!!

それを20年以上もやっていたのですから、北海道の家なんて1軒あっさり買えてしまします。

もうガッカリです。

私が43歳にもなってこんなに貯金も無いのは酒のせいですか。。。

うん、相当ガッカリします。

その上、以前はタバコも吸っていました。

当時は250円だったかな??夫婦で1日2箱くらいですかね。夫がヘビースモーカーだったので。。。

1日500円で月15,000円。1年で180,000円。

お酒に比べれば大したことありませんが、浪費ですからね。ガッカリです。

私達は子供もいないし、共働きだし、お酒もたばこもやってたし、、、

収入低いのに高額納税者です。 

 

断酒をしてものすごく良いことばかりですが

段々色んな事が慣れてきて断酒する日常が当たり前になり、飲酒をしていた頃のことを忘れそうになります。

が、お金は数字で明確にわかるので、断酒のモチベーション維持には持って来いです。

1年で100万貯まるんですから、もう2度と飲みません!

もちろん、煙草も2度と吸いません!!

f:id:mellowed:20190906104208p:image

↑↑↑ こちらはケチ恥アプリを使用しています  ↑↑↑

ケチ恥

ケチ恥

  

www.non-al.work

 

www.non-al.work

 

写真に写る「酔っていた頃の自分」をもう見たくない私

断酒日数:372日 断酒貯金:¥992,500

 

8月は飲み会が多かった!夏は飲み会が多い。。。

f:id:mellowed:20190902104828j:plain

とはいえ、北海道の夏はたった10日であっさりと過ぎ去ってしまいましたが。

 

もう北海道はすっかり秋です。

今年は猛暑がだと思いましたが暑かったのはたったの10日間で、それ以降は寒いくらいでした。

そんな8月の飲み会も、もちろん飲まずに参加してました♪

純粋に夏だからというのもありますが、お盆で北海道へ帰省する友人、親戚などなどの飲み会が多いのが8月です。

 

私の実家なお盆になると大々的な宴会があります。

今年は母が骨折したために、少し顔合わせた程度で終わりました。

まぁ自分の実家は私達夫婦がお酒を飲まないことを早々に受け入れてくれましたし、同じ市内に住んでますので飽きたらさっさと帰り、気遣いしなくて良いから助かります。

 

断酒を始めてから面倒なのが友人との付き合いかもしれません。

親友と呼べる友達は3人位ですが、その「親友」たちはお酒を飲みません。

その集まりは良いんです。

誰も飲まないし、無理に話を合わせたりしないし、疲れたら帰るし、すぐに会える距離なので無理矢理都合を合わせて集まらないし、気遣いは一切ご無用。

問題は「親友」ではない「友人」。

昔の飲み友達、昔一緒に働いた同僚など。

そんなの友人でもないのかもしれませんが。

付き合いのほとんどはかなり減ったと思いますが、まだ続いてる付き合いも多々あります。

今回、母の入院で飲み会の参加をほとんど断りましたが、20年前に一緒にアルバイトをし、連日飲みまくっていた女3人の飲み会は参加表明をしてしまいました。

私以外に女2人。看護学生時代、一緒にアルバイトしていた友人です。

もう20年以上前からの付き合いですが、一旦は結婚や海外転勤などで会わなくなりましたが、2年ほど前からまた会うようになりました。

3人とも子供いないし、ある程度自由に生きているから子育て主婦よりは話もまあまあ合うのですが、、、

 

お酒をやめた私は、人間関係の断捨離や付き合い方を考えるようになったので、実はもう面倒です。

正直、話なんてない。

仕事も違う。趣味も全く合わない。ガールズと言う名のオバサントークにもう飽き飽きです。

そもそもガールズトーク苦手ですしね。

で、渋々行ったのですがやっぱり何も楽しくないんですよね~。

なのになぜ行ったかと言うと、、、

1人が初期の癌になり、無事手術が終わったから。快気祝いということで。

 

その友人、癌は初期の初期だったので全く何ともないのですが

治療のために仕事を休まなければならなくて、家にいてもつまらないから断捨離を始めたそうで、自宅の写真を捨てに捨てまくっているとのことでした。

そして、、、

どうせだからと20年も前の「私たちの思い出」の写真も見つけたから持ってきた。とのことでした。

私、昔の写真が見たくありません。

特にお酒をやめてから見たくなくなりました。

f:id:mellowed:20190902110149j:plain

写真に写る私はいつもお酒を飲んでいるし、酔っているし、バカみたいなポーズを取ったり歯茎丸出しで笑っているから(T_T)

素面でも酔っているかのような装いで写真に写っているのです。

たぶん恥ずかしいからなんですけど、普通の写真がないんです。

 

案の定、そこに写っている20年前の私はビール片手にふざけていて

まるで高校生の男の子のようです。

皆も酔って写っているのですが、私は特別ふざけていました。

もうこんな過去を振り返るのも嫌になります。

400日前の私なら、過去の自分を見ても笑いながら「私ってお調子者だわ(笑)」なーんて言えたかもしれません。

断酒をして1年も近づく頃には、過去の写真を見るのも嫌になりました。

いつだって私はお酒に酔っているし、酔っている時に写真を撮っていることがほとんどです。

愛犬と私の写真も、半分以上はお酒を飲んでいる時に撮っているものです。

ちょっと目がとろんとして歯茎丸出しで笑っている自分が嫌でしょうがありません。

愛犬と素面の時にもっと写真を撮っておきたかった。。。

 

自分にうんざりします。

 

友人が持ってきた写真も見てうんざりしました。

友人2人は昔の若かりし頃の自分たちを、お酒を飲みながら楽しそうに懐かしんでいる様でした。

私はただ「若い頃からアル中だった」とがっかりするだけでした。

ずっとお酒に支配され、お酒に縛られ生きている証拠を突き付けられただけでした。

もっと違う人生があったかもしれないのに。。。

 

ある意味「もう2度と飲みたくない」と、より断酒の堅い意志に繋がった様な気もします。

そして、私はこの友人たちと会い続ける意味はあるのだろうか。

そう思った瞬間でもありました。。。

お刺身と漬物にはやっぱりアレが合うんだな~

昨日は各方面からお祝いのコメントを頂きましてありがとうございました(*'▽')

 

さて、昨日は1年達成!

今までの私なら

断酒祝いだーーーーー!と、達成の祝い酒を飲んでいたことでしょう。

馬鹿馬鹿しい!ペッ!!(唾)←どの口が言ってんだか(T_T)

 

昨日は日付が変わった深夜1時にブログを完成させ、朝6時に投稿しようと思って気合入ってました。

朝起きてブログ投稿、Twitterの断酒専用アカウントに投稿。

それから45分のヨガ。ランニングに行きたいくらいギラギラ✴していたのですが時間なく断念。

仕事に行ったら眠くて白目でした(笑)

 

朝起きてすぐ夫に「今日はどこかお祝いしに行かない?美味しいものでも食べに行かない?」と話すと、

夫「お祝いでも何でもない。これは当たり前のことだから。ずっと続くから」と言われ

そうか。確かに。でも浮かれたブログ投稿しちまったよ。。。と考えていました。

私「そうだね、お祝いする必要ないね」とすぐに考えを捨て去りました。

30秒も立たないうちに

夫「○○○の釜めし食べ行く??」

は?こいつはいつもこうだ。

たぶん美味しいものが食べたくなったに違いない(笑)

ハイ、却下!もう私、節約モードに突入したので!

 

まあ一応お祝いってことで、今日はお刺身にしよう♪と決めました。

 

夜、仕事から帰ってきて準備したゴハンがコチラ。

f:id:mellowed:20190826220223j:image

なんという味気無さ(笑)

これが断酒祝い。。。今までの生活とは大違いですわ。

680円のお刺身盛り合わせは、中とろ・サーモン・甘えび・ホタテ。

肉ナシ代用ちくわの「肉じゃが」ならぬ「ちくわじゃが」(笑)

しかも白滝入れようと思ってたのに忘れてたことに今気づきました(白目)

鰺フライと魚のすり身揚げ、、、など、なんとも冴えない夕食でした(笑)

まあ、それは置いといて。

f:id:mellowed:20190826220241j:image

お刺身を食べたのは1年以上前です。久しぶりでした。

断酒をしてからお刺身と漬物を食べることは、すっかりなくなってしまいました。

嫌いになった訳じゃないんです。好きなんです。

それは何故でしょう??

お刺身とお漬物にはお酒が合うと思うからです(T_T)

 

夫は「ご飯に合うでしょ!!」と言いますが、私は違うんです。

刺身と漬物はご飯には合わないと思うんです。

ちなみにお寿司や、丼ものの付け合わせの漬物なら米にも合います。

酢飯の上の鮮魚ならお米に合うけど、刺身をわさび醤油に付けて食べる時は、、、

やっぱお酒でしょう(T_T)と、なってしまいます。

 

その様な理由で食べておりませんでした。

で、昨日お祝いとして1年ぶりに刺身を食べてみることにしました。

もちろん酒ナシで。米と共に。

やっぱご飯違うわ。。。

だからと言って飲みたくなった訳ではありません!!

今後は寿司か海鮮丼として食べることにします。

 

ま、米には合わないのだけれど刺身は激ウマでしたね。

特にホタテとサーモンがビビる美味しさでした。

北海道最高!

今度からお刺身と漬物の時は炭酸水にしようかな~。