お酒をやめる断酒ブログ

お酒をやめたくてもやめられない人、一緒に断酒してお酒に縛られない人生を送りましょう

お酒もクスリも同じこと『田代まさし』がNHKで薬物依存症を語る

昨日放送のNHK【バリバラ】に出演した田代まさしさん。

2回に渡り薬物依存症のことを語りました。

www6.nhk.or.jp

残念ながら、第1回目の放送を見逃してしまいました。

第2回目の放送は録画していたのでまとめます。

f:id:mellowed:20190712223022j:plain

田代まさしさんが刑務所の中で思ったこと

3度逮捕された田代まさしさんですが、刑務所の中では『クスリがやりたい』と思っていたそうです。

捕まる度に、家族に心配をかけファンをガッカリさせたから二度とやってはいけないと思うけれど、目の前にクスリを出されたり辛いことが起きると、大切なものが何かを忘れてクスリをやってしまったのだそうです。

  

薬物を使用しても自分は大丈夫だと思っていた

薬物依存症のイメージってどんな感じでしょう?

スタジオにいるゲストが質問され、

幻聴・幻覚があったり、暴れたりすると思う』と。

ヘロヘロになったり、暴れたり回ったり、、、そんなイメージだと思いますが

田代まさしさんは、クスリを使用しても普通だったしクスリが切れたら眠くなったり疲れるだけだと話していました。

田代さんは、薬を使用したら「体中、虫が這ったりするような症状や暴れ回ったりする症状」が起きると思っていたのに、薬物を使用すると大変なことになるというイメージと違い、使用しても普通だったので

『自分は大丈夫』そう思っていたそうです。

 

世界中に味方は誰一人いないと思った

覚せい剤を使用し逮捕された後、メディアで「反省しろ!」とバッシングをされて希望が持てず、世界中に誰一人として自分の味方がいないという感覚だったそうです。

家族もバッシングを受けて、子供もいじめに遭うことになり離婚は避けられなかったそうです。

当時田代さんが思ったことは、「薬物使用は犯罪だけど自分が罪を犯しても殺人などのように被害者がいる訳ではないし、誰にも迷惑をかけていない!」と思うだけで何も感じることができず、家族は被害者だったのにそれに気付くことができなかったのだそうです。

 

ダルクのミーティングで変わった

田代さんはダルクに行くまで自分が依存症だということに気付かなかったと話していました。

シンナーを吸った経験があり自分の意志でやめられた経験から、

覚せい剤も同じようにやめられる、犯罪だとわかっていたけどやめられなくなるなんて思っていなかったからこそ、やめられなかった様です。

 

ダルクのミーティングで同じ境遇の人と話をして気持ちが楽になり、吐き出して楽になり、他の人の話を聞いて自分がやめるヒントを得たり、今までのことを隠す必要が無く自分と同じ立場の人に共感してもらえるミーティングに参加することで薬物依存の回復に向かうことが出来たようです。

 

以上、田代まさしさんの薬物依存について放送を見た振り返りです。

 

テレビの内容に共感

ここからは放送を見て私が感じたことです。

 

私はアルコール依存症と診断された訳ではありませんが、自分では間違いなく依存症だと思っています。

毎晩お酒を飲み、お酒を飲む為に働き、夕方に合わせて喉をカラカラにし、飲まなければ眠れずイライラしました。

飲み会が決まったら浮かれて、死ぬほど飲んでやると意気込みました。

でも、誰かに絡んだり人に怪我をさせたり、問題行動を起こす訳ではない、お酒が切れてもいつも手が震える訳でもないし(馬鹿みたいに飲んだ日は起床後3時間位で手が震えることはごくごく稀にあった)、昼からお酒が飲みたくて仕方ない訳ではないし、仕事をサボったことも遅刻したこともない。

だから私は依存症なんかじゃない。

だって真面目に仕事をしてるし、評価もされている。

お酒を飲んで遅刻する様な人と一緒にしないで!ましてや依存症のダメ人間と!!

そう思っていました。

田代さんと言っていることが同じです。

自分は普通。自分は依存症じゃない。

TVを見ても驚きませんでした。

いや1つ驚いたのは、覚せい剤をやっても普通の状態でクスリが切れたら眠くなるっていうことには驚きました。。。

 

気持ちが凄く良くわかります。田代さんに共感しかありません。

お酒もクスリも煙草もギャンブルもみーんな同じです。

やめようと思えばやめられると思っていましたし、他の依存の人を見て

「私はあんなんじゃない。違う、やめようと思えばいつだってやめられる。」

でも実際は、やっぱり今日も飲もうかな。。。

そう思ってなかなかやめられなかったし、やめても1週間で元通り。

やめている間もお酒のことしか考えられませんでした。

気合いだけではやめられなかったのです。

そして、田代さんと同じように『お酒を飲んでも誰にも迷惑をかけていない』と思っていました。

でも、二日酔いの私は仕事の効率も悪く、不機嫌そうな顔。

そんな人が職場にいるだけで迷惑ですし、夫にも愛犬にも迷惑をかけました。

そして、夫にも迷惑をかけられました。

我が家は夫婦互いが依存症であり依存症の家族だったです。

 

Twitterとブログは自助グループと同じ

私は病院には通わずにお酒をどうやってやめられたかと言うと、

酒害を調べたり、Twitterやブログで同じ断酒仲間を見つけて、恥ずかしかったことや家族のこと、今までの失敗を隠さずに吐き出し、依存に苦しんでいる人のいろんな体験や苦しみを聞くことで自分だけではないと励まされたし、私も頑張ろうと思えました。

やめる方法や考え方はとても参考になることばかりでした。

時々足を引っ張られるようなこともありますが、それはごく一部でそんな人とは繋がりを断てばどうということはありません。

 

私が今も継続して断酒出来ているのは、Twitterとブログのお陰であり

それはまさに田代さんが依存回復した施設『ダルク』や依存症の方が通う『自助グループ』と同じ効果なのだと思います。

今、私のTwitterは断酒をしている人だけではなく、ギャンブル依存や禁煙している人などジャンルを超えて依存に苦しんでいる方と繋がっています。

どんなジャンルであれ、依存に変わりはありません。

共感できることはたくさんあります。

 

依存症を断ち切るには

嘘をつかず、事実を隠さないこと。

同じ苦しみの人と繋がり、自分の気持ちを吐き出したり共感できるようにすること。

依存とは何かを知ること。

そうこうしているうちに過去の自分がどうだったかを分析できるようになり、穏やかになり、人の事を考えられるようになり、色んなことを認められるようになり、、、

と、ゆっくりいい方向へ変化していくのだと思います。

 

まとめ

先日ちょうど断酒300日以上超えたのにも関わらず、飲酒欲求がありガッカリしました。

20年飲み続けたのだから、そんなに簡単には奴隷から解放はされませんよね。。。

そんな時にちょうどこの番組を見て、気持ちが改まりました。

もしお酒がやめたければ、Twitterを始めましょう!

ツイートを見ているだけでも何かが変わると思います。

私もいつも助けてもらっています。

 

依存に苦しむ芸能人の方は一般人の私達よりも何十倍も克服するのが大変だと思いました。田代さんも芸能人ダルクを作りたいけど「あいつらプライド高いからな~」と言っていました。

そう、プライドが邪魔をするんですよね。

私は他の人とは違う!私はいつでもやめられる!というプライド

私はまだまだこのプライドを直す必要があります。色んな意味で。。。

 

田代さんが出演する【バリバラ】は、NHK・7月14日0時(土曜深夜)再放送で見ることができますよ!

 

【断酒317日目】久しぶりの飲酒欲求で脳がイカレていると再認識した

断酒:317日目 断酒貯金:846,000円

f:id:mellowed:20190709213805j:plain

忙しくてお酒のことを考えることも無く過ごしていた毎日。

そんな時に、やって来た『はしご酒』のお誘い。

飲めないことが少し悔やまれたけれど、ダメージはそんなになかったはずでした。

それなのに、今日はなんだか飲みたい。

飲みたいと思うことなんて、もう来ることはないと思っていたのに。。。

まだ飲みたくなるんですか!?

もうすぐ断酒1年なのに、まだ飲みたくなるなんてやっぱり依存しています。

お酒に限らず、あらゆる依存症で苦しんでいる皆さんも同じことでしょう。

 

どうして今日は飲酒欲求が強いのでしょう。少し自分を見つめてみます。

  • お天気が良くてたまらない。夏感がすごい。
  • 夕暮れ時のビールを思い出す最高の時間帯に飲酒欲求
  • こんな日は生ビールが美味しいはずというフラッシュバック
  • 先日、亡くなった愛犬の誕生日だったので会いたくてたまらない日が続いている
  • 先日、行ったことのないイベントに行き興奮した
  • その時に色んな人と出会い興奮した

 

私の脳はイカレています。

夏の暑い日、夕暮れ時になると今まで過去にずっと飲んできた記憶が頭から離れず『飲みたい気持ち』が最高点に達するようです。

こんなにもお酒をやめているのに、300日以上一滴も飲んでいないのに

まだ飲みたくなる私の頭はイカレています。

私の日常は、全てお酒と繋がり続けてきました。

夏・暑い・喉の渇き・寂しい・イライラ・悲しい・嬉しい・楽しい・疲労・空腹。。。

あげればきりがありませんが、感情が動く時も、季節を感じる時も、日々の毎日を過ごすことは全てお酒に繋がっています。

日常とお酒の結びつきには随分慣れてきたし乗り越えてきたから大丈夫と思っていたのですが

5日程前に、あるイベントに参加して色んな人と出会いました。

住む世界が違うような人や、普段お話することのない人に出会い、ずっと興奮が止まない状態なのです。

自分は興奮していたことに気付いていなかったのですが、今こうしてブログを書いている時に

先日の興奮が冷めていなことに気付きました。

今回の飲酒欲求の最大のきっかけは『興奮』です。

断酒をしてから新しい出会いも少なくなっていたのに色んな人を見たり、話をしたり一度に目新しいことがあったのが処理しきれなかったのかもしれません。

加えて亡くなった愛犬の誕生日が重なり、会いたくて寂しい気持ちがMAXとなりました。

感情が大きく動いて、その後に心にぽっかり穴が空きました。

その穴を埋めてきたのがお酒だったのです。。。今までは。

私の脳はそれを記憶していて

『こんな時には興奮が続くのに気持ちが楽になる薬があるよ。』

と、悪魔の囁きをして来ます。

久しぶりに出た悪魔の囁き。。。

負けそうになりました。心が折れそうになりました。

 

絶対に飲まないと自信はあるものの、なんだか負けそうなので

帰宅して夫に「なんだか飲みたいよ。久しぶりに飲みたくなったよ。」

と話すと、実は夫も同じだったようで共感してくれました。

夫はその原因が何かはハッキリとはわかっていないようです。

 

やっぱり共感は大切です。

感情のままに行動せず、一旦冷静になることもまた大切です。

私はブログを書くことで、気持ちが整理されていきます。

自分では冷静に考えているつもりでも、実はまだ分析が足りず、感情が先行していることが多々あります。

日記を書いたり、ブログを書くのは自分の分析に効果的です。

ようやく今、落ち着いてきたように思います。

が、こんなに強い飲酒欲求は久しぶりなのでここは『炭酸水』の出番です。

久しぶりにしばらく飲まないといけないようです。

 

それと、砂糖依存症でやめていたアイス。

これもしばらくは必要の様です。

ちょっと飲酒欲求が強すぎて、アイスの力を借りることとします。

絶対に飲まないために必要なことです。

砂糖依存も大変だったけど、今はお酒の回避が優先です。。。

 

www.non-al.work

 

久しぶりに飲めないことが悔しいと思った『はしご酒』のお誘い

私の住んでいる所には、年に一度の夏のイベント『はしご酒』があります。

f:id:mellowed:20190708211615j:plain

そのはしご酒のイベントの日は、こんな町にも人ってこんなにいるの!?と思うくらい賑わいます。

老若男女問わず、参加するイベントです。

 

私の街の「はしご酒」のイベントはこんな感じです。

好きなお店をはしごするのでは無く、はしごするお店はくじで決まります。

どのお店に行くかは、くじを引くまでわかりません。

時間制限以内に4つのお店を『はしご酒』する。と言った感じです。

 

この『はしご酒』イベントにはもちろん参加していた私。

毎年必ず、イベントで知らない人と出会って仲良くなって飲みに行ったり

昔のクラスメートに会ったり、元職場の人に出会ったり、同じクラスだった子の親戚に会ったり、知り合いの知り合いに会ったり。

はしご酒で出会い同じテーブルになった人とは、意気投合しかありません。

毎年イベントで色んな人と出会って、お酒を飲んだ勢いでワイワイするのが楽しくて仕方ありませんでした。

 

昨年参加した時も、色んな人と出会いました。

そしてその中の1人から先日LINEが来ました。

『ヲタんこ今年も行くよね??絶対会おうね♪』

イベントであったお酒飲みだけのお付き合いの人とは、お酒の場以外で連絡を取ることもないし、勢いでLINE交換したけど特に用はなく一切連絡は取っていませんでした。

ですが、もうすぐイベントが近づいています。今年も行くかどうかの確認のLINEが来ました。

 

久しぶりに断酒しているのが悲しくなりました。

年に一度、見知らぬ人と仲良くなり色んな話をしたりするのは、

海外旅行で知り合った外人と盛り上がった時の様で、あれは本当に楽しいんだよな~。。。と、飲んでいない自分がつまらなく思えました。

この様な気持ちは、飲酒時代にどうしても車で帰らなければならない日に飲み会に参加した時のような悔しい気持ちとそっくりでした。

久しぶりに味わうこの悔しい気持ち。

断酒をしてから初めて『お酒を飲めるのが羨ましい』と思ったかもしれません。

今までの飲み会で隣の人が飲んでいても、海外旅行の時にも起こらなかった気持ち。

どうしてでしょう。

私にとって『はしご酒のイベント』は、ものすごく楽しいものだったのでしょうね。

楽しい思い出しかなくて、見知らぬ人と仲良くなりその場限りの一夜を過ごすのは、とても刺激的で楽しいことだったのだと思います。

↑↑↑その場限りの一夜とは、飲みの話です…決してそういうんじゃありません。

 

仕事の話もナシ、悪口もナシ、楽しい話しかなくて、次の日何かやらかしたんじゃないかとか、余計なこと言ったんじゃないかとか、色々心配しなくても良くて、皆が飲んでいるし皆が知らない人だから、ただ純粋に楽しいだけ。

次の日には皆が覚えてないし、名前も顔も何を話したのかもほとんど記憶にない。

はしご酒はそんな素晴らしい飲み方ができるシステムだったからこそ、忘れられない楽しいイベントで飲めないことが悔しい気持ちになったのかもしれません。

 

でも冷静に考えると、飲まなければ付き合わない人。出会うこともない人。

お酒が好きな事以外、大した共通のこともない。もしあったなら連絡を取っているはず。

所詮それだけの付き合いだってこと。気にする事はない。

 

LINEで、「お酒をやめたんだ」と言ったら驚かれなかったのは初めて。

それは私のことを良く知らない証拠です。

私がどれだけ大酒飲みで、どれだけ酒が好きか知らないから驚かない。

一夜限りの人だから、私のことをしらないのです。

「お酒をやめたからもうはしご酒に行くことはないよ~」と返事すると

帰ってきた返事はこうでした。

「そっか~。じゃあ今度ゴハン行こう♪」

 

いや、絶対に行かないでしょう(笑)社交辞令にもほどがあります。

もしゴハンに行ったら、話すことも無くて、話す勢いもなくて、絶対後悔しますよ(笑)

 

このLINEを見て「お酒の付き合いなんて薄っぺらい」と再確認し

楽しいなんてまやかしでお酒の下で見た幻想だったんだ。

お酒の勢いって怖い。と冷静な目で見ることができました。

 

楽しいだけなら良いけど、お酒を飲んで判断が鈍っていると何が起こるかなんてわからない。

飲めないことが悔しいなんて魔がさしてしまいました。

こんな一瞬の心のスキマにお酒が入り込んできて、また酒浸りになるなんて嫌。

もう戻りません。絶対に。

 

断酒において「夏のイベント」は足を引っ張られることが多いです。

断酒・禁煙などを頑張っている皆さんも「少し冷静」になって考えてみて下さい。

ひと呼吸おいてデメリットを考えると気持ちが落ち着くはずです。

私は気持ちが揺れそうになったら、亡くなった愛犬のことを考えます。

そして命の大切さ、健康でいられることがどれだけ大切なことかを考えたら

お酒を飲まない選択は絶対に間違いではないことがわかって気持ちが落ち着きます。

 

久しぶりに体験した飲めなくて悔しい気持ち。

次はどんな時にやって来るのでしょう。

でもいつだって乗り越えて見せます!!

【断酒300日】とっくに達成してました!

今週のお題「2019年上半期」

 

断酒:309日目 断酒貯金:824,000円

お久しぶりです!

私、もう9日も前に断酒300日を達成していました。

 

断酒するためにアプリでカウンターを入れていたのですが、

飲みたい欲求もほぼなくなり、何日達成したのか見ることもなくなってしまいました。

そんな訳で300日を達成したことすら気にも止まっていなかった訳です(;^ω^) 

ケチ恥-LITE

ケチ恥-LITE

 

断酒を始めた時、断酒達成200日とか300日とか、あまりにも自分とはかけ離れ過ぎている遠い存在の人で、断酒の参考にはならないなあ~と思っていましたが

断酒300日なんてあっという間でした。

辛くて長く感じたのは最初の1か月くらいまでで、そこからは徐々に気にならなくなっていきました。

断酒を達成するには、ただ1日1日を積み重ねていくしかありません。

 

断酒のために必要だった最大のことは『自分が依存症だと認めること』でした。

アルコール依存症な訳がない。私は違う。

そう思っている以上はやめられないと思います。

断酒を継続させるコツは自分が依存症だと認めることです。

 

私は一般的に言うとアルコール依存症』ではないと思います。

それは一般的にです。

時々、休日に朝から飲む。毎晩の晩酌、お酒が強いから量が人より少し多いだけ。

いつもほとんど記憶が無いけれど、人に迷惑もかけていない。

こんな人いくらでもいるし、お酒を飲む人は皆そうでしょう?

 

これは一般的な話ですが、その一般常識が間違いであることに気付かなければなりません。

これはアルコール依存症なんです。

 

私は自分が依存症であることを認め、ブログやTwitterを通して断酒を継続することができています。

昨年の8月26日から始めて、もうすぐ1年です。

ゴールデンウィークにタイに旅行に行った時にも、飲まずに済んだことは

私にとって今年1番のビックニュースです!

達成感がハンパない!!!

 

最近はブログの更新が怠っているのですが、

ゴルフの練習に忙しくて、なかなか更新ができずにいます。

ゴルフを始めて3年目にしてようやく『本気スイッチ』が入りまして

只今フォーム改善中です。

f:id:mellowed:20190701115255j:plain

それもこれも断酒のお陰です。

ゴルフで新たな人との出会いもあり、お酒をやめてから周りの人間関係も変わり

良好になっていています。

ただの飲み友は私の周りにはもういません。

お酒だけの繋がりだったということにがっかりもしましたが、今は清々しい気持ちです。

 

もうすぐ断酒1年達成!

達成する自信しかありませんよ~♪

 

www.non-al.work

  

www.non-al.work

  

www.non-al.work

 

新たなる依存症になっていた!まさかの『砂糖依存症』

お久しぶりです。

最近、仕事が忙しいのと、他に運営しているブログを連続で書かなければいけなかったのと、ゴルフの練習を熱心にやっておりまして、このブログでも書きたいことがあるのに後回しになっていました。

新たなる依存症『砂糖依存症』

さて残念ながら、どうやら私は新たな依存症を発症していたようです。

それは『砂糖依存症』です。

砂糖にも依存があるなど知りませんでしたし、自分が依存しているとは全く気付いていませんでした。

先月、何気なく見ていたTwitter『砂糖依存症』になってしまったと呟いている人を目にしました。

ナニーーーーーッ!? 砂糖依存症ですと??

それを見た瞬間私って砂糖依存症じゃない!?そう思いました。

f:id:mellowed:20190619190650j:plain

 

運動しても太っていくカラダ

飲酒時代、甘い物など自ら進んで取ることはありませんでした。

断酒を始めてから夫が毎晩アイスを食べるようになりました。

私には甘い物が食べたいという変化は訪れませんでしたが

しばらくしてワンコが亡くなって、ジムに通い始めて1か月経つ頃、ジムから帰ってくるとアイスを食べるようになり、それが習慣化しました。

アイスが習慣化すると逆流性食道炎が悪化しました。

それでもずっと食べ続けました。

ジムに行き始めてからどんどん体重が増えるようになり「筋肉が付いてきたからだ」と自分に言い聞かせていましたが、

本当は心の奥で『アイスと甘い物を食べているせいだ』と勘付いていました。

でもこんなに運動しているし、運動を休むのはジムの休館日だけ。

ジムに通っているどの女性よりも運動しているから、太ってきても大丈夫。

と、訳のわからない都合のいい解釈をしてアイスとチョコを食べ続けていました。

www.non-al.work

 

砂糖ナシの生活で一旦は痩せる 

ゴールデンウィーク中、タイに旅行に行ったのですが、食べまくっていたにもかかわらず帰国後は痩せていました。

暑いから?と思ったけど、暑くても食べまくっていたしな~。

あ、そうだ!旅行中は甘い物を食べてない!!

そう、アイスもチョコも一口も食べていませんでした

お酒を飲んでいないのでジュースを飲んでいましたが、お砂糖なしの生のフルーツジュースを飲んでいただけでした。

旅行の後半はカフェモカを飲んでいましたが、お砂糖を摂ったのはカフェモカを飲むときだけです。

 

体重が人生最高値を更新 

帰国後すぐには砂糖が色々な影響を及ぼしていることには気付きませんでした。

旅行後2週間であっという間に太ってしまい、人生の中で一番太ってしまいました。

アイスを習慣化する前から比較すると+3.5Kg

旅行後、アイスとチョコの習慣化が始まったせいで体重はあっという間に逆戻りし、さらに記録を更新しました。

それに砂糖の影響は体重増加だけではありませんでした。

 

砂糖による異常な眠気との闘い

砂糖による影響は体重だけではありません。

とにかく眠たくなりました。寝ても寝ても眠たいのです。

最初は旅行の疲れが取れていないだけかと思っていたのですが、砂糖の摂りすぎでも眠くなるらしいとネットで知りました。

確かに砂糖不使用でジムに行っていた時はいつもクリアで、ショートスリープでも眠気に襲われてどうしようもないと感じることはありませんでした。

ものすごくトレーニングをしていて疲れているはずなのに大丈夫でした。

旅行の時もアイスやチョコなど一切取っていないので、眠気に襲われることはありませんでしたが、これは旅先で興奮状態なので関係ないですかね。

カフェモカ飲みまくってましたが、その時は確かにだるくて眠かったけど、どうかな~。

旅行後半で疲れていただけのような気もしますが、これも砂糖の影響だったら怖いですね。。。

 

甘いものを摂るようになってからというもの、

朝も早く起きれなくなり、常時異常な睡魔がやって来るようになりました。

断酒を始めた時、離脱で眠気がひどかった時のことを思い出しました。

その時にそっくりです。

眠気だけではなく、やる気も起こらない状態になっていたと思います。 

 

夫にやめろと言ったアイス、私が依存に

そういえば。になってしましますが、去年も今年も、

夫がアイスを毎日食べるようになると激太りしていた!と、急に思い出しました。

夫が太り過ぎて『もう食べちゃダメ!!』怒っていたのは私だったのに。

夫はアイスなんて太らないよと言っていましたが、あんな砂糖の塊が太らないわけないよ!と言っていたのは私だったのに。

お酒をやめたんだから仕方がない。運動しているから大丈夫。

アイスはただ冷たいだけだから大丈夫。

と、サンドウィッチマンの伊達みたいなことを言っていました。

 

またTwitterに助けられる

そんな時に目に飛び込んできたTwitterで目が覚めました。

私、また依存症になってた!!!

もう~。砂糖も依存症になるのかよ~。

ガッカリでした。私って依存体質なんですね。

 

砂糖依存症のメカニズム

甘い物を摂取

 ↓

セロトニンドーパミンが出る

 ↓

幸福感

 ↓

意思とは関係なく欲求のまま摂取

   ↓

幸福が得られて依存していく

 

ビックリすることに、お砂糖も

お酒・たばこ・薬・ギャンブル等と同様の経過を辿って依存が起きてます。

結局お酒をやめても、砂糖を摂って穴埋めしてただけでした。

これには心底ガッカリしました。

私は断酒を達成出来た、依存を克服できたと思っていたのに。

 

アタシ、アイスやめます! 

そして誓いました。

アイスやめる!!!

5月28日に雪見だいふく涼み抹茶』を食べたのを最後に誓いを立て、6月は1度もアイスを食べていません。

忙しくてランニングもしていないし、ゴルフの練習を少ししているだけでこれという運動もしていないのですが、無事に体重が1.5Kg落ちました

食事制限も何もしていません。

アイスおそるべし!!!

それでもまだ、2Kg戻っていません。

 

あとはチョコをやめられれば。。。

普段は食べないようにしていますが、職場でひと息つく時に

気付いたらチョコを噛んでいたり、自宅でも気付くとチョコを探している自分がいます。

無意識で砂糖を欲しているのが怖いです。

家にはチョコを置かないようにしているのですが、気付くと夫が買ってきています(T_T)

 

甘い物を対策中

今している対策は、アイス、チョコは家に置かない。

料理はなるべく蜂蜜とみりんで代用

パイナップルをカットして、常時冷蔵庫に入れておき甘いものが欲しくなったらパイナップルを食べる

 

こんな感じでやってます。

ただ、休日はどうしても甘いものが食べたくなってしまいます。

休日くらいはね、、、と自分を甘やかしています。本当はこれもやめたいです。

お酒と同じで、少しだけ摂るとさらに体が欲してしまいます。

さすがに夫は砂糖断ちには付き合ってくれません。夫も依存体質なので、少しだけならとやめられないのです。

砂糖のことを説明して夫を巻き沿いにしようと試みたのですが

お酒の時も自分で決めたことを勝手に押し付けた。と思っているらしく

甘い物まで??と拒否反応を示しました。

 

頑張ってるから、疲れてるから、甘いものが必要だという摺り込みを払拭できない、、、

でも大丈夫です。お酒同様、まずは私から。

私がやめれば夫もつられてやめるはず。

夫も私を羨ましく思うようになるはずです。

 

あー(T_T)

次は何の依存症になってしまうんだろう、私。こわっ。

 

そういえば、アイスをやめたら逆流性食道炎がすっかり良くなりました。

www.non-al.work

 

ジンギスカンには白飯っしょ!

今日は外でジンギスカンをしました。

こんなブログを書いてみました。

otamen.hateblo.jp

 

外でジンギスカンをしたっていうだけの話なのです。

もちろん白飯と共にです。

 

白飯とジンギスカン

食べた瞬間、子供の頃にタイムスリップしたようでした。

ジンギスカンと言えばビール。

二十歳を超えてからずっとビールとジンギスカンがセットだったのに

今日は子供の頃以来、久しぶりにごはんとジンギスカンを食べたのです。懐かしくて嬉しい気持ちでした。

 

食べている間『ほんっとにお酒やめて良かったよね』って言いながら食べ続けました。

やっぱジンギスカンには白飯っしょ!どの口が言ってんだよ。。。

 

ジンギスカンがこんなに美味しいと思ったのは久しぶりの気持ちです。

いえ、ジンギスカンはいつでも美味しかったのだけど

心が透明で懐かしくて空気も気持ちよくて。

清々しい気持ちと炊き立てごはんとジンギスカン

f:id:mellowed:20190608213800j:image

何でも無いようなことが、幸せなんだと思うんだよね~♪

その飲み方はきっとアルコール依存症

断酒:281日目    断酒貯金:750,000円

 

1年ほど前に知り合ったAさんという方がいます。その方は大のお酒好き。

知り合った頃は私もまだお酒を飲みまくっていた時なので、お酒の飲み方やお酒の種類、飲んだ時の面白自虐エピソードなど話が盛り上がってすぐに意気投合しました。

つい先日、Aさんに久しぶりにお会いして軽くお話しました。

 

私達夫婦が断酒をしていることを話すととても驚かれて、さらに

『絶対できないし、やめたら楽しみがなくなっちゃう』そう断言していました。

もちろん、そうなると思います。

カラダでも壊してドクターストップでもかからない限りやめようと思わないのが普通です。

逆に言うと、何もないのに自らお酒をやめようと思うことの方が奇跡✴です。

なぜならお酒は依存性の高い物質ですから気付く事が出来ないし、気付いたところ簡単にやめられるものではありません。

 

そのお知り合いAさんは男性で結婚されています。子供は成人して手が離れて二人暮らしの様です。共働きで、ご夫婦共にお酒好き。特に奥様の方がよりお酒好きみたいです。

夜一緒に飲みに行くこともあれば、個々に飲みに行くこともあるそうです。

毎晩仕事が終わると必ず晩酌をしているそう。

夫婦で運動もするしお酒も飲む。健康的だからお酒を飲んでも大丈夫とどこかで思っている様です。

 

これはまさに!ヲタんこ夫婦にそっくり!!

 

よくよく話を聞いていくと、奥様はお酒を飲み飲みおつまみを作る『キッチンドリンカー』だそう。外に飲みに行くと注文するのはハイボールなどだそうですが、薄くて飲めたもんじゃないと言いもっとお酒を入れて持ってきて!と店員さんに頼むそう。

提供されるお酒は全て、『薄くて嫌になる』と常々ご主人にお話するそうです。

家で飲むときも、グラスに入れるウィスキーの量はダブルじゃ全然薄いそうで、かなり濃い目に作ってぐびぐび飲んでいるそうです。

 

それは、、、

アルコール依存症ですね、きっと。

私の中では、ご主人も依存症だと思います。

別に酒癖が悪い訳でも何かやらかしたとかも無いようですが、それも私と同じ。

たまたま何も起こっていないだけで、いつ何があってもおかしくない状態です。

いつも記憶がないし、飲まなきゃ人生楽しくないなんてその発想は依存症だと思います。

 

でも、

私がどうしてお酒をやめたか、私は依存症かもしれないからやめた、と言ったところで

笑い飛ばされるだけなんです。

 

『そうそうw 間違いなくアル中でしょーwww』

っていう具合に。ただの笑いのネタになるだけです。

 

自ら気付かなければ、誰が何を言ってもやめられないしやめようとも思わないんですよね。

やめようとかやめたいとか思っていない人に、お酒やめた方が…などと言っても全くもって意味もないし迷惑でしかありません。

自分の正義を押し付けてはいけませんよね。

 

でも、、、

身体を壊す前に気付けると良いのですが。

あとはご自身で何か少しでも小さなキッカケになるようなことがあると良いですけれどねぇ。